サイトマップ

手続きは簡素で早い

独立行政法人福祉医療機構(WAM)では、通常の年金や労災年金を担保に貸付を行う事業を行なっています。

 

年金を担保に貸付できるのはこの独立行政法人だけなのですが、実際には偽装質屋も年金を担保に融資を行なっており、偽装質屋の利用者も少なくありません。

 

なぜ、グレーゾーンに近い偽装質屋を利用するのでしょうか。

 

それは、すぐにお金が借りられるかもしれません。

 

独立行政法人福祉医療機構のホームページを見てみますと、申し込み日から実際に融資がされるまでに要する期間は、おおむね4週間です。つまり、ほぼ1か月待たなければ年金を担保にお金を借りることができません。

 

これは、合法的な大手消費者金融と比べてもはるかに遅いスピードで、住宅ローンと似たようなスピード感のなさです。これでは、使い勝手もよくありませんよね。

 

一方の偽装質屋ですが、こちらは申し込んでから実際に融資を受けられるまで0日です。つまり、申し込みをしたその日に借入ができるのです。

 

手続きもシンプル、というかほとんど何もしないでできますので、特に書類手続きが苦手な年金受給者にとってはありがたい話です。

 

独立行政法人の年金担保融資の遅いスピードが、偽装質屋に手を出させているのかもしれません。

 

だからといって偽装質屋が許されるものではありません。高金利であることには変わりは無く、違法な貸し付けの闇金融となっているので、借りてしまってトラブルになる前に闇金解決の依頼を弁護士や司法書士のいる法律事務所で行ってください。